妊活には男性の葉酸摂取も必要

子どもが欲しいからと妊活に励むカップルはたくさんいますが、どうもがんばっているのは女性のほうだけというケースも多く見られるようです。

もちろん赤ちゃんを胎内に作り育てるのは女性ですが、それはあくまでも男性がいてのこそです。
実は不妊夫婦の3割程度は子どもができない原因が男性にあるともいわれているのです。
だからこそ、妊活はカップル二人が同じ意識で取り組まなければならないのです。

なぜ男性も妊活の際に葉酸の摂取が必要なの?

妊活の際には女性は葉酸を普段よりも多く摂取することが推奨されています。
葉酸は細胞分裂を促しDNAの合成などの働きをするので、葉酸が不足すると胎児の神経管閉鎖障害の発症といったリスクが高まります。
その他にも、奇形児の出産の危険性もあります。
けれども、妊活中に葉酸が必要なのは女性だけでなく男性も同様なのです。
男性の葉酸摂取量が不足すると、胎児の奇形リスクが高くなってしまう恐れがあります。

卵子や精子のスムーズな分裂が行なわれ受精したなら奇形児が生まれることはないのですが、分裂が正常に行われていない染色体の異常な卵子や精子が受精すると奇形になってしまうのです。
前述したように葉酸は細胞分裂を促す働きをするので卵子や精子の分裂にもかかわっています。
したがって、卵子だけでなく精子の正常な分裂を行なうために葉酸は不可欠であるということなのです。
実際に葉酸の1日の摂取推奨量を摂った男性とそうでない男性とを比べてみると、前者のほうが染色体異常が起こる割合が低くなったというデータもあります。

男性の葉酸摂取の量とタイミング

このように健やかな子どもを出産するために男性も葉酸をしっかりと摂らなければならないのですが、厚生労働省で推奨する女性の妊活時の1日の葉酸摂取量は食事以外で400μgです。
けれども男性の推奨値はあまり知られていないために、妊活の成功に男性の葉酸摂取が大切であることを知らないカップルも少なくないようです。
では、男性は1日にどれくらいの葉酸を摂取すればいいのでしょうか。
厚生労働省では女性の推奨量より少ない240?を葉酸サプリで摂取するように勧めています。
ただしサプリの摂取タイミングは女性よりも早く、女性の妊活開始の3カ月前からが好ましいです。
なぜなら精子ができるまでには3カ月ほどを要するため、その時期から摂取すれば染色体異常の危険性を低下することができます。

男性の葉酸サプリ摂取にはこのような物理的理由以外に、女性の精神的負担やストレス解消にもつながり妊活に良い影響を与えるでしょう。
妊娠できないのは自分だけのせいと考える女性も少なくなく、そんなときにパートナーも一緒に妊活に取り組んでいれば安心感を得られるからです。

関連記事