なぜ妊活に葉酸が必要なのか

葉酸は妊活に不可欠な栄養素とされていますが、厚生労働省でも妊娠を計画している女性への1日400μgの葉酸の毎日の摂取を推奨しています。

特に妊娠1カ月前と妊娠3カ月までは、食事以外に葉酸サプリを用いてそれだけの量を摂ることが望ましいとされています。
ではどうして妊活をする女性に葉酸および葉酸サプリの摂取が必要なのでしょうか。

葉酸が不足するとどうなってしまうの?

その理由は健やかな赤ちゃんを産むため、および健康な母体を保つためです。
葉酸には身体の細胞分裂を促したりDNAの合成といった働きをしてくれます。
しかし葉酸が不足すると十分な細胞分裂が行なわれなかったりDNAが合成されないことから、胎児の神経管閉鎖障害の発症のリスクが高まってしまうのです。

また、母体へは悪性貧血や不眠、いらいら、うつ症状などが起こりやすくなります。
これらの症状は摂取した葉酸が胎児の発育のために使用されることで母体のほうで不足してしまうからです。
したがって、成人の葉酸摂取量は240?なのに対して妊活女性はその倍近い400?が推奨値となっているのです。

どうして葉酸サプリを摂ったほうがいいの?

葉酸はその名の通りホウレンソウなどの葉物野菜に多く含まれており、ほかにレバーなどの動物性食品にも含まれています。
ですから普通に規則正しい食事をしていれば十分摂取できそうなのですが、実は過熱に弱くまた水に溶けだしやすい、さらに身体に吸収しにくいという特徴があります。
したがって料理によっては含有量が半分程度になってしまうのです。
ホウレンソウは100g中に210μgが含まれますが、熱を加えるとなると200g以上を食べなければならないというわけです。

また、妊娠中の女性はつわりがひどいというケースも多く、満足に食事が食べられないこともあります。
ですから、手軽で確実に葉酸を摂取できる葉酸サプリが有効なのです。

特に日ごろから緑黄色野菜や柑橘系の果物を食べない人、納豆などの大豆製品を食べない人、また外食やインスタント食品を食べる機会の多い人は葉酸が不足しがちです。
タバコを吸っている人や飲酒頻度の多い人も葉酸が不足している可能性が高くなります。
これらにあてはまる人は日常的に葉酸不足が考えられるので、サプリは不可欠でしょう。

葉酸サプリは消化・吸収がよいように作ってあり8~9割程度が体内で有効に働くので非常に効率的に摂取できます。
さらに妊娠中に不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素をバランスよく配合してあるものもたくさんあるので、婚活のためには非常に大切な役割を果たしてくれることでしょう。

関連記事